• 「最近売れなくなって困っている」とご相談を頂きます。

「売る」と言っても昔の営業スタイルで「無理やり売る」(売りつける)のか、

「自然に売れる」のかで意味合いは全く異なります。

 

 

「最近売れなくて」という時は、そのほとんどが前者の売り方をしている場合。

営業マンや販売員が日々「売る」ために奮闘しています。

 

一方で、最近売れている、人気のあるモノやサービスは後者。

お客様から選ばれた結果、自然に売れています。

 

モノも情報もこれだけ溢れ、常に変化している時代に、

10年前、20年前と同じ売り方では売れなくなるのは当然です。

 

例えば以前に私がいた自動車業界。

 

商品(車)を仕入れ、店を構え、営業マンを多数雇って、来店するお客様に売る

 

というスタイルはもう50年は変わっていないのではないでしょうか。

 

 

売上を上げたい!

販売をテコ入れしたい!

 

そんな時は「販売」だけを見ていてもどうにもなりません。

 

 

  • よくあるのが、販売が不振だからと、営業マンや販売員に
  • 「気合いが足りない!」「根性がない」などと奮い立たせようとする上司。

 

高度経済成長時代のハングリーな若者ならともかく、

今のクールな若者が付いてくるはずがありません。

 

営業や販売の商品知識を増やすとか、セールストークを練習する

といった小手先のテクニックでは根本的な改善はしないのです。

 

もしも販売をテコ入れしたいのであれば、このバリューチェーンの全体を見直すこと。

 

 

・そもそも商品の企画が古いのでは?

・パッケージが古いのでは?

・ネット通販に対応していないのでは?

・カード決済もできないのでは?

・売りっぱなしになっているのでは?

 

などなど、一連の流れで「販売」を見直すことが大切です。

 

販売不振、マーケティングの手法がわからないなど、

見直しを迫られている方は、まずここから考えてみてくださいね!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

弊社では、販売向上のためのご相談を承っております。

もし、バリューチェーンの見直しや再構築でお悩みの方は

お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら